DENSOO SOLUTION

地域事業興し~KYOUKAN SPEAKER

地方創生・地方活性化における小さな支援を致しております

人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し、地域の皆様と一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な地域社会の創生のお手伝いをいたしております。

人口減少を克服し、将来にわたって成長力を確保し、「活力ある地域社会」を維持するため行政のかかげているテーマは

「地方にしごとをつくり、安心して働けるようにする」
「地方への新しいひとの流れをつくる」
「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」
「時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守るとともに、地域と地域を連携する」

という4つの基本目標です。

当社は、大手企業の撤退により地域経済が低迷している地場企業と連携し地域おこしの一環として次の事業を進めておりますので皆様のご支援を宜しくお願い致します。

株式会社サカエ工芸

サカエ工芸様は、1968年にTVキャビネット等の制作する企業としてスタートし、エンクロージャーづくりに半世紀の歴史を持っておられます。現在においても、特殊仕様のエンクロージャーの制作工房として有名な企業です。

|企業情報|

所在地:東京都武蔵村山市残堀1-83-1
代表者:代表取締役社長 本木 豊

主な事業内容
・各種什器の製造、並びに店舗内装の施工
・スピーカーボックス他、音響用各種筐体製品の製造
・ラック、スタンド他、音響用各種インテリアの製造
etc.

~KYOUKANスピーカーづくりで地域の活性化~

50歳頃代から、加齢により難聴になる方が少しづつ増加していきます

最近こんなことはありませんか?

・家族からテレビの音が大きいと言われる
・女性や子供の話す言葉が聴き取りづらくよく聞き返す
・親のテレビの音量に悩んでいる
・会話の音声は聴こえるが言葉がハッキリ聴き取れない

中高年の加齢による難聴の特徴と現れ方

  1. 人の名前を聞き間違える、何度も聞き返す
  2. は行、か行、た行、さ行が聴き取りにくい
  3. 女性や子供の話す高い声が聞き取りにくい
  4. スピーカーの音量を大きくしても、音は聞こえるが言葉の識別ができない

お求めはこちら

クラウドファンディング

直接購入

KYOUKANスピーカーはこのような現象を改善します

KYOUKANスピーカーは聴こえづらいよく聴き取りづらいを解消する世界初の特許技術です

・テレビの音量をあげなくてもよく聴こえます
・音質は、クリアでハッキリ聴こえます
・テレビの音声の一言一言がハッキリ聴こえます

KYOUKANスピーカーの特徴

従来にない構造をした世界初の特許技術です

・湾曲させた振動板全体から音を発信する構造となっております
・振動板から発信する音は遠音のきいた綺麗でクリアなエネルギーのある音を耳元まで届けます
・振動板は特に中音高音域の直進する音を出します

KYOUKANスピーカーはヴァイオリンの音を出す構造をスピーカーに取り入れました

・高齢者の方々に「ヴァイオリンの音は良く聴こえる」という声が多く聞かれます
・ヴァイオリンの「遠音が効く音」を出す構造に注目し、湾曲した振動板も同様の機能を有することが発見されました
・倍音を多く含む「遠音が効く音」には、音色がとても柔らかく美しい音色を持っています
・「遠音が効く音」は高音域であり、高音は遠くまで音を運びます
・「遠音が効く音」は、小さくても通常のスピーカーと比較して減衰が少なく遠くまで届きます
・KYOUKANスピーカーから出る音は、室内の各種雑音に干渉されず良く聴こえます

KYOKANスピーカーを世に出す決意

高齢者に良く聴こえるスピーカーの開発に取り組むようになったキッカケ

私の高齢の母がテレビを大音量で見ており、近所の迷惑にならないか心配しておりました。

いつも一人でいる母にとってテレビは唯一のお友達でしたが、ある時「音量を大きくしても何を言っているか分からなくてテレビはつまらない」と言っていたのが気になりました。
このことをキッカケに、テレビの音量を上げても、テレビから聞こえる言葉が正確に母に伝わっていないことを知ったのです。

何故、テレビの音量を上げているのに言葉が伝わらないのか、不思議な世界へ足を突っ込むキッカケになり高齢者に良く聴こえるスピーカーはないか探すようになりました。

そんなときに、偶然ですが、慶應義塾大学教授の武藤佳恭氏の論文「次世代センサ2006年7月号(振動の不思議:振動の最新応用研究)」を拝読できる機会を得ました。
その論文で「音には縦波と横波」が存在するようであること、そして以下のような内容が記載されていました。

  1. 小さなスズムシが出す音が何故遠くまで伝搬され、音源の位置を特定しにくいのか不思議な現象。
  2. 一枚のPET下敷きとオルゴールを使って発生させる音は、100m以上離れた場所でもハッキリ聴こえる。また、オルゴールだけでは中程度の難聴の人は、その音が小さくて聴こえないが、応力をかけた下敷きから発せられるオルゴール(信号)はハッキリ聴こえる。
  3. この発生する音(信号)は雑音の中でも聴こえる。

この論文を読み、下敷きとオルゴールで実験すると、下敷きからオルゴールとは異なる良く聴こえる音が出ることが確認できました。
加齢による中程度の難聴者のスピーカーの研究をしていた私に未来の扉を開いてくれるキッカケになりました。

更に「KYOUKANスピーカー」を制作できるところまで辿り着いたのは、下諏訪に在住のスピーカー工房「千万音」の山本祐二郎さんに出会えたおかげです。

私たちは、スピーカーづくりで意気投合し、「高齢社会の中で困っている高齢者の為になるスピーカー」を作るため、2年数ヶ月間、研究に研究を重ねました。
そして遂に、ヴァイオリンの構造機能を応用した「高齢者に良く聴こえるKYOUKANスピーカー」の開発に成功しました。

山本祐二郎さんの制作した「KYOUKANスピーカー」を、母に是非とも聴かせかったのですが、完成前に他界してしまったので非常に残念でした。

しかし、多くの高齢者が家庭の明るい団欒に溶け込み、新しい時代の「音のバリアフリーにつながる”音”」の世界をつくりあげて行くことが山本祐二郎(千万音)さんとわたしの夢です。

試作品の視聴をして頂いた皆さんの驚きの声

練馬区 Tさん母娘(母50代後半、娘20代後半)

こんなに小さな音が、こんなにハッキリ、とてもよく聴こえます。
スピーカーの傍で聞いても、部屋の奥で聴いても同じ音量で聴こえます。
伸びてくる高音がとてもクリアで綺麗ですね。

※お嬢さんは、長年ブラスバンドでサックスを吹いておられましたが、高音がクリアでとてもはっきりしていると感心されていました。

相模原市 Nさん(女性、70代前半)

こんなに小さな音で広い工房の奥までこんなに良く聴こえるのでビックリ!
特に「シ、ス、シャ、カ、キャ」等々がこんなにクリアにハッキリ聴こえます。

※一緒に在室されていた60代の女性2名も、とてもクリアで良く聴こえますと驚いておられました。

草加市 Mさん(男性、40歳後半)

大のステレオ好きで車のステレオにかなり凝っていますが、KYOUKANNスピーカーのクリアで伸びのある音に驚きました。
また、サ、シ、キャ等々がハッキリしていて一言一言がとてもクリアですね。

※母に贈りたいから、お金は払うから置いて帰って下さいと何度も言われ、嬉しさ一杯でした。

府中市 Kさん(女性、40歳後半)

若い頃、イヤホンで大音量で音楽を聴いていたからか、最近は聴力が弱っているように感じています。
こんなに小さいのに、本当に繊細な音がよく聞こえます。
故郷の熊本に住む両親のため、居間のテレビに繋ぎたいので、誰よりも早く提供して下さい。

KYOKANスピーカーをご要望される方は下記の手続きにてお申し込みください

ご注意

  1. KYOUKANスピーカーは、地域おこしで1つ1つの商品が手作りで製作されていることから、1~3ヶ月程度お待ちいただくことになります。
  2. 2019年11月10日までは、朝日新聞社 A-portのクラウドファンディングで協賛いただける方の募集を行っております
    協賛いただいた方から優先して製作いたしますので、こちらからお申し込みください
  3. 直接お申し込みをご希望の方は、専用ページからお申込みください。
    お届けは、クラウドファンディングで協賛いただいた方を優先させて頂きますので、何卒ご了承ください。